海と月と銀閣

e0132117_9181273.jpg






e0132117_9184978.jpg


そう。辿りついたのは慈照寺(銀閣寺)。
来たのは中学の修学旅行ぶりかも。

手前の耕した畑みたいなもの(笑)が「銀沙灘(ぎんしゃだん)」
銀閣の近くにある砂盛りを「向月台(こうげつだい)」というそう。
「銀沙灘」は海を。「向月台」の頂上部分は月を表しているってことで…いいのかな?
その美的センスがスバラシすぎて
下調べも全くせずに見た私には「向月台」の良さがイマイチよくわかりませんでしたが。笑
砂で月を表現しようとしたら難しいし、こんな風に表現するというのはスゴイのかもしれませんね。
砂でこの世の中にある全てのものを表現したら、抽象画のように面白い世界が出来上がるのかも。
いいな。
砂と箱とお題を用意して色んな人に作ってもらったら自分にはない新しい世界が見えてきそう。
箱庭療法にもなりそうだね。

e0132117_9191271.jpg

[PR]
by nijiirocamerallia | 2009-12-08 09:55 | 建築・インテリア。
<< 伸ばす手 哲学の道、その後。 >>